Blog

TURU×MAUVE×TOPS


半巾帯の織り生地をライン使いに無地の着物生地を組み合わせた
個性的な遊び心のある着物リメイクのトップスとなります。

帯地には鶴が舞い花模様も織物ならではの重厚感と光沢感がありますが、
使いこんだ物なので織地も柔らかく光沢も丁度よい鈍さになっています。
新品の帯地でつくった場合は張りがあり過ぎて、
他の生地とも上手く馴染まずシルエットも固くなる場合が多く金糸や銀糸の色の輝きも鮮明過ぎて、
どうしても着る場所を選んでしまう改まった服になることが多いです。

今回のように気楽に着られる服の場合、こんな風に使いこんだ帯も貴重な素材になります。
ただ、歴史ある物はそれなりに悩みもあり
半分に折られていた部分の色焼けや生地のダメージなど問題は色々あります。
今回も本当は鶴の姿を途中で切りたくなかったのですが、
折り跡という避けられないダメージがあり鶴の姿が切れたラインとなりました。

組み合わせた藤色の着物生地には織り柄があり陰影が丁度よい効果になっているので、
後ろはこの生地だけを使い、首元を少し開けて小さなボタンをアクセントに付けました。
前後身頃が丁度よいバランスで前身頃が引き立ち、
裾に付けた海老茶の着物生地が全体を上手に纏めてくれている気がします。

着やすい袖付けのないスタイルですが脇に生地を足した立体的なデザインにしていますので、
着られた時のシルエットも綺麗です。

個性的でお洒落な幅広く活用いただける魅力的な一品となります。

この一品の詳細はこちら

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Sorry, the comment form is closed at this time.