Blog

BLACK×AUTUMN LEAVES×LONG ONE PIECE


黒地に赤い紅葉の葉が印象的な着物リメイクのロングワンピースとなります。

一般的に留め袖というと裾柄で家紋付きですが、
この全体柄の着物にも背中にだけ家紋が染められていたのでやはり留め袖として着た物なのでしょうか。
表面からは分かりませんが他の部分に家紋を消した跡が一箇所あった少し不思議な着物でした。

着物の感じからすると銘仙と言われている着物のように思います。
柄部分は織り柄で糸に光沢のある素材の為、織られた柄には鈍い輝きがあり不思議な雰囲気です。

印象的な赤とダークグリーンの紅葉、黒とダークグレーの葵の花でしょうか?
丸くデザイン化された花のバランスがとてもいい感じに纏まっていて、
色使いや柄行もミステリアスで何となく惹かれてしまうような魅力的な生地です。

難点は、裏側にまわる織り糸です。
いつもは着た時にチクチク感じないように接着芯などを貼ってしまいますが、
組み合わせた黒地の正絹生地と同じようにしっとりした柔らかい素材感をそのまま残したくて今回はそのまま使っています。
接着芯を貼ってしまうと生地が少し厚くなり張りも出て少し違った感じになってしまい勿体ない気がしました。

裏地を付ければいいのですが、一品の服はどれも裏地を付けておりませんので、
スリップなどアンダーウエアを着ていただければと思っています。
私、個人的には家で洗濯をしていますので、裏地付きの服はその分アイロンに時間がかかり面倒な為、
色んな丈や色のスリップなどアンダーウエアを用意し着回しています。
洗濯も取り扱いもお手軽なのが一番と考えてつくっています。
勿論、毎回クリーニングに出す方にとっては問題ないことだと思うのですが、
裏地なしの方が洋服自体は軽く着やすい気がしています。

最初はこの柄入りの生地を全体に使ったワンピースにするつもりで解いていましたが、
どうしても生地の繋ぎ目の柄合わせはできないと分かり、
総柄は諦めて身頃中央にだけこの生地を使い左右は黒の無地の着物生地を利用した一品お得意のデザインになりました。

利用した黒生地は新品の反物だった正絹生地ですが、
同じ和服生地のせいか色味もよく合い違和感なく一体化しています。
反物には抜き紋が染められていたので高級正絹生地ではないかと思います。

繋げた着物幅だけでは袖丈が足りず、
ここにまた黒生地を足した繋ぎ目がくるのはいかがなものかと考えた結果、
足りない袖丈には柄部分の生地を足しました。
これが素敵なデザインとなってグレードアップしたような気がします。

とても個性的で趣きのあるシックなロングワンピース、
正しく世界に一つだけの素敵なお勧めの一品となります。

この一品の詳細はこちら

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Sorry, the comment form is closed at this time.