Blog

STRIPE×TUNIC


ウールの羽織りだった縦ストライプの生地と半幅帯の織り生地を組み合わせたチュニックとなります。

シルバーがかった白地に鶴の柄の半幅帯、綺麗な色合いと舞っている鶴に見せられ購入しましたが、
解いてみると半幅に折った部分には縦の折り目がくっきり残り、
それが丁度羽を広げた鶴の上にかかっているので
鶴の姿をそのまま使うと折り目のラインがそのまま入ることになります。

最初に何故思わなかったのか不思議ですが、藤紫とミントグリーン、黒の色の組み合わせが和服としては何だか新鮮で、
帯の光沢で美しく、柄のことを考えず購入し生地を解いてから初めて気がつきました。

半幅帯で見ていた時の方がずっと素敵で倍の幅の帯地になるとデザインも単調で何となくつまらなくも思えます。

しかし折角購入したこの帯地を何とか素敵な洋服にしてみたいと思いながら、
眺めては断念の繰り返し、
何か魅力的に活かす方法はないかと思っている時に見つけたのが、
この黒と小豆色の変わりストライプのウールの羽織りです。

全然違う素材、色合いの生地ですが、このストライプの色を加えたら面白いのではないか、
ストライプを活かし帯地も利用できる幅で無理なく使えば新しい服として素敵になると確信し作業がスタートしました。

どちらにしても鶴の姿は途中で切れましたが想像する楽しさを残せたような気がします。

袖は付けずに身頃から続く生地がパフスリーブ位に肩からおちます。
一枚で着ていただいてもいいですが、インナーにYシャツやタートル、Tシャツなどを
着ていただくと色々な着方がお楽しみいただけ便利な服として活用できます。

ウールの普段使いの羽織り物でしたが、
帯地と組み合わせたことでグレードがアップしお洒落なお出かけ着としてご利用いただけます。

絶対に二度と巡り会えない個性的な一品となります。

この一品の詳細はこちら

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Sorry, the comment form is closed at this time.