Blog

SAKURA×BUTTERFLY×ONE PIECE


新品の京都西陣織の帯地と地模様の入った黒の着物生地とを組み合わせて創ったワンピースとなります。

波と桜の花、蝶の柄が織り込まれた紺色の無地の帯地です。
お太鼓になる部分にだけアクセントになるように桜の花と蝶の柄に銀色に彩色されいる素敵な織物です。
ワンピースになったら銀色が目立ち過ぎかしらと心配しつつ前身頃中央に利用しました。

実は銀色が彩色されていたのはお太鼓部分だけだったので、
後ろ身頃には足りず後ろは無地の紺色ですが、波と桜の花と蝶の柄は織られているので、
返って前後の違いがあって良かったのではと思います。

帯地と組み合わせた黒の無地は、着物生地が洗い張りされていた物です。
黒地には、波模様が入り独特の生地の質感が京都の西陣織に負けないくらいの高級感がある正絹生地です。

波という柄に共通点があったことで違和感なくとてもピッタリのいい組み合わせになりました。

ただ黒生地にはダメージ部分があり、そこを取り除いた生地幅の関係で袖を創るのにかなり苦労することになりました。
結果、カフスみたいな袖口はワンピースを更に素敵にしてくれたように思います。
しかし、この生地に拘った結果、洗い張り後にも消えなかった折ってあった部分でしょうか?
薄く色が変わった部分が目立たない所ですが多少残ってしまいました。

ワンピースとして着てしまったら目立たないのではないかと思います。

着物リサイクル品を活用していること、
時代を越えて新しい服へと甦らせていることなどをご理解いただける方に是非とも着ていただきたい、
とても素敵な一品です。

この一品の詳細はこちら

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Sorry, the comment form is closed at this time.