Blog

SURUGARAN×TUNIC


「駿河蘭」という可憐な花をモチーフにした羽織りだった生地で創ったチュニックとなります。

上へと伸びる細い葉に生命力を感じる素敵なデザインです。
近くでよくご覧いただくと一輪一輪の可憐な花びらがとてもよく表現されているデッサン力の高い染色です。
黒の生地にも模様が入っていて光の反射で柄が浮き立って見えます。
写真では分かりずらいのですが見え隠れする地模様が尖った駿河蘭の葉を優しく見えるように助けてくれる気がします。

元々が羽織りだった為、ワンピース丈はなく長めのトップスとなりましたが、
羽織りで着た時に丁度いいバランスに染められているので、同じ丈の服にして正解でした。

駿河蘭は初夏に咲く花ですが、シックな柄行を活かしたく黒の生地を組み合わせました。
お茶席の花のように季節を拘らなければ一年中着ていただけそうな気もします。

黒のパンツやロングスカートなど組み合わせ、
大きめなパールのイヤリングなど付けたら清楚なお洒落着として改まった席にでも着ていただける一品です。

この一品の詳細はこちら

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Sorry, the comment form is closed at this time.